表紙がアジカンっぽい

夜は短し歩けよ乙女
森見 登美彦

ブログの方から一部転載

なかなか評判いいので読んでみましたー

これは、うまく説明できないんだけど、

不思議な小説
いい意味で漫画っぽいキャラがいっぱい
そして、この世界感が読んでて

幸せな気持ちになります

 

 

なんか全然ジャンルとか違うんだけど
妙に「うる星やつら」っぽいなぁなんて思ってたら
「活字倶楽部」の作者インタビューで
「うる星やつら」が好きみたいなことを書いてて妙に納得

そういえば表紙のイラストがアジカンのCDのジャケっぽいと思ったら

同じイラストレータなんだね

中村佑介 http://www.digmeout.net/artist.cfm?id=56

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告
カテゴリー: Uncategorized タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中